ホーム> 最新情報> ニュース

「一帯一路」の開拓、中国紡績企業は5つの新しい思考が必要

(www.ecf.gov.cn)        更新: 2017-12-13

        世界貿易戦争が渦巻く今、我が国の「一帯一路」発展戦略は中国の紡績業に大きなチャンスを与え、沿線の国と地域の輸出貿易を発展させた。

        この二年間、わが区の紡績品輸出の三大従来市場、アメリカ、欧州連合、日本への輸出額はいずれも低下している傾向を見せており、「一帯一路」沿線の国々の新たな市場開発に力を入れなければならない。「一帯一路」沿線の65カ国は合計44億人、21億万ドルの経済規模を誇る新興市場である。2016年、我が国の紡績品が「一帯一路」沿線の国での合計輸出は891.5億ドルに達し、「一帯一路」国家輸出総額の33.4%を占める。現在、我が国の紡績企業がグローバル競争に適応する力、市場計画と配置レベルはまだ不足しており、「一帯一路」戦略を深め、更なるハイレベル市場を手に入れるため、中国紡績企業は国内発展の一般的な考えに限られない方がよい。具体的に言うと、以下の数方面での改善が必要となる。

        まず、市場配置を調整する「一帯一路」沿線の国家市場は既存の基礎の上で、南アジア、中央アジア、中東欧市場の開拓に力を入れるべきである。東南アジア諸国連合は産業チェーンの融合に力を入れ、一部の産業転移を試みる。グローバル市場のバランスある配置により、持続可能な発展を実現する。

        二つ目は、企業は変換とバージョンアップを図るべき。科学技術の進歩、製品の交替スピードが極めて速い情報時代である今、人々が商品に対する需要と商品のコスパに対する要求は精確になりつつある。量に対する要求が低下すると裏目に、品質要求が向上し、市場競争を極めて激しいものにした。同時に、製造業、工業加工業の生産能力過剰のトラブルが更に激しくなり、世界の生産構造は厳しい再構成過程に直面している。国際市場が中、高品質製品を求めるにつれ、我が国既存の紡績品対外貿易の優位性が縮められており、従来の生産モードの更なる発展は難しいであろう。企業は従来の生産策略を変え、創新によって競争力を高め、「一帯一路」の発展チャンスをつかみ、素早い変換とバージョンアップを図るべきである。

        三つめは真心こめて優れた商品を作る。企業のコア競争力は市場や社会に最高の、優れた商品とサービスを提供し、利益を得、企業の持続的可能な発展を維持することである。「一帯一路」沿線の国家で市場を開拓する際も、要求が低いからとて、不合格な製品を製造し、中国製のイメージを壊してはいけない。

        四つ目は、自分のブランドを持つ。現在、世界の紡績品競争は同質化の傾向が激しい。ブランドのない輸出商品は世界の「ホームレス」のようで、身分も、未来も見えない。ブランドを作るのは、企業自身の製品に国際的「通行パス」と「パスポート」を持たせるためであり、自社の製品の知識所有権が侵害されないためである。同類商品で身分を識別し、個性を見せ、更には製品の競争優位性を代表する。

        五つ目は文化要素の注入。「一帯一路」で、紡績企業は製品を通じて、各国と民族文化レベルのコミュニケーションすることを学ぶべきである。中国製の紡績品服装は中国の文化製品と価値観で人々を影響し、中国の文化発展と技術成果で人々を感動させ、ブームをリードし、消費を誘導し、異なるライフスタイルを同じ文明に取り込み、民族、国の境を超え、意識を超え、人々の心に深く刻み、共に追い求められる製品となるべきである。