ホーム> 最新情報> ニュース

華交会展示面積が増加し、家庭用製品展示エリア3割以上占める

(www.ecf.gov.cn)        更新: 2018-02-27

        今回の華交会は上海新国際博覧センターの10 + 3/4展示ホール借用して、展示面積は12.36万平方メートルで、前回より2700平方メートル増加で、ブース5707の総数です。

        華交会は引き続き専門化で展示会を推進し、華交会ブランドで5つの専門展示エリアを設立:衣料品展示(ファッション既製服展示エリア、衣服生地展示エリアそして付属品展示エリア)、紡績生地展示(家庭用紡績品展示エリア、紡績原料補助材料展示エリア)、家庭用品展示(厨房浴室関連商品展示エリア、日用品展示エリア、電気製品展示エリア)、装飾品&プレゼント展示(文房具と体育用品及び旅行グッズ展示エリア、家庭用装飾品展示エリア、プレゼント展示エリア)そして現代生活テーマ展示。その中、衣料品展示のブースは1500で、26.28%を占め、紡績生地展示のブースは925で、16.21%を占め、家庭用品展示のブースは1916で、33.57%を占め、装飾品&プレゼント展示のブースは702で、12.30%を占め、現代生活テーマ展示のブースは530で、9.29%を占め、越境ECのブースが84で、1.47%を占め、サービスのブースが50で、0.88%を占めています。また、14の取引グループ(主催省・市の取引グループが9つ、市レベル取引グループが3つ、連合取引グループが1つ、国外取引グループが1つ)が4000社の企業をアレンジして、その中、国外の出展企業がおよそ450社です。