ホーム> 最新情報> ニュース
  • 中国再び加工貿易に重視し、紡績加工企業が新たなチャンスを

    2018-01-19

    加工貿易は中国対外開放型の経済において重要な部分となっていますが、著しく発展したことがあるものの、近年では国際貿易が厳しい傾向にあるため、数多くの企業がプライベートブランドを唯一の解決策として認めています。その代り、加工貿易が「将来性ない」の別称となってしまったのです。

  • 第28回華交会越境EC展示エリアが6000メートル以上に

    2018-01-18

    第26回華交会初めて越境EC展示エリアが導入されて以来、華交会越境EC展示エリア年ごとに階段をのぼり、前回の「越境EC展示エリア」は好評を浴び、社会からの反応が高かったのです。

  • 華交会企業誘致総動員 海外バイヤー全包括

    2018-01-18

    2018年1月15日、第28回中国華交会動員会議が行われました。上海市商務委員会の申衛華副主任が出席してスピーチを行い、上海市商務委員会、上海市会展業(会議・展示会のコーディネイト業)産業振興センター、東浩蘭生会展グループなどの華交会関連部門のリーダーが出席しました。

  • 第28回華交会は高質量のバイヤーの導入に尽力

    2018-01-17

    今回の華交会は海外市場への普及に力をいれ、特に高質量の欧米バイヤーの導入を重んじた。適者生存、中国の産業構造は中低級製品から高級製品へ踏み出し続く。貿易輸出から見れば、中国の中高級工業製品の輸出額は今、増加し続き、その上、欧米の市場に対するの輸出額も目に見えて向上している。

  • 華東海外貿易サービスプラットフォームには地域的な差別発展が出現する

    2018-01-17

    海外貿易サービスプラットフォームは中国の新しい海外貿易形式の中に重要な一つであり、現在、このサービスプラットフォームはすでに華東に位置している多数の省と市によって適したサービスモデルを発展させ、しかも、海外貿易、特に華交会に出覧する中小海外貿易企業の有力な手伝いになった。

  • 2018年紡績輸出は「脱グローバル化」に直面する

    2017-12-13

    今年に入って以来、国内経済が安定し、グローバル経済が向上するにつれ、我が国の対外貿易発展環境も明らかな改善が見られた。しかし、我が国の輸出貿易額の1/3を占める紡績業の2018年対外貿易傾向はやはり慎重に重視するべきである。業界関係者の話になると、来年対外貿易が安定して成長する可能性が大きいが、「脱グローバル化」の流れに直面する体勢も整えなければならない。

  • 「一帯一路」の開拓、中国紡績企業は5つの新しい思考が必要

    2017-12-13

    世界貿易戦争が渦巻く今、我が国の「一帯一路」発展戦略は中国の紡績業に大きなチャンスを与え、沿線の国と地域の輸出貿易を発展させた。

  • 越境ECの道で突き進み、世界を語る ―第28回華交会越境EC展示エリアの将来性

    2017-12-08

    インターネットと対外貿易の結合により、勢いよく発展する電子商取引を生み出した。電子商取引は世界に面し、流通が速く、コストが低いなど幾多の長所を抱え、従来の対外貿易が新たな新世代に入る助力となり、従来貿易企業の注文獲得困難、融資困難、流通困難などの問題を効果的に解決し、世界につながる高速道路を切り開いた。もちろん、貿易のグローバル化において越境ECの役割はますます重要になりつつある。

1 2 3 ... 6 >